日記的な?みたいな?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

そ、そうさ。今週さえ終われば・・・。

心は諦めてない。でも体が諦めている。


先日の続きになります。

ちなみにスキルの習得順は適当な部分もあります。同じスキルの強化版は省略しています。

完全に忘れていた南陸奥の芦名盛隆。
セーブデータをひっくり返しながらコメントや性能を書いているのだがまさか一度もレベルを上げた事がないとは・・・。まぁうん、ちかたないね。

越後は言わずと知れた上杉家。意外とユニークは少なく4人。

謙信様の性能を調べてみたらあんまし信玄と変わらなかったという・・・。まぁ・・・愛さえあればどうとでもなる。
スキルは騎兵強化、降伏率上昇、治水開墾上昇、全体突撃上昇。流石は軍神といったところか。これも信玄と似ており守りの信玄、攻めの謙信といった形。お酒は程ほどに。

兼続はいつも通り。なんというか、すまん。兼続にはついていけん。隠居しますんで軍師よろしく。
スキルは楽市楽座、包囲、智謀低下、対銃防御。
私から見たら後ろから迫ってくるすさまじいプレッシャーを放った何か。
嫌いじゃない、嫌いじゃないんだが・・・。うん、イベントは良かったと思うよ。うん。
いや、すみませんごめんn・・・

水原さんは初登場だったか。いつも冷静というか、なんというかな人。見習いたいね。
スキルは強襲、行動順優先、雨天鉄砲、突撃威力低下。
2週目をプレイして分かったけど意外と早駆けと似たようなスキルが多かった。なんというか、戦場で任意に使えるスキルはその時分からないからつい使わず過ぎる感じ。
ステータスは鮭延と同じぐらいか。

慶次は士気上昇、楽市楽座、部隊損失減少。
内政能力がないので折角の楽市楽座もあまり効果がない。
なんかいろんな顔を持つ人。こいつが真面目にやったときはなんか無駄にかっこよかった気がする。
まだ仕事をする分義景よりマシ。


武田家はユニーク5人。

信玄はまぁ謙信と同じ感じ。信廉とのイベント有り。髪を切ればいいんじゃねっていう天城の台詞は流石にまずいと思った。対銃防御、治水開墾、降伏率、士気回復全体
なんというか、なんというかな。すまん、3の印象が強すぎるんだわ。

信廉は槍兵弱体、同盟率上昇、騎兵突撃?対銃防御。
二人揃えて思ったが何でそんなに鉄砲耐性がのっているのか。確かに史実的なものもあるのかもしれないが片方でいいのではないかと思った。まぁそこは姉妹か。
二人とも、どんぐりの背比べをしているんじゃないぞ。家康が聞いたら泣くぞ。

山県はいきなり包囲持ち。包囲、計略、弓兵弱体、士気減少大。
戦国史ではお世話になった山県さん。いつからそんなに年寄りになった?
その若さの秘訣を教えてもらいたい。というかきっと内藤さんが虎視眈々と狙ってる。
もう少し統率が欲しかったかなってところ。

馬場もいつも通りか。確実にグラが良くなっていると思う人。統率特化。
スキルも対銃防御、普請、強襲威力上昇、突撃上昇。
安定の馬帽子。3の武田家全員が馬帽子をつけていたCGは忘れない。じいさんたちもそんなに悪くなかったぞ。

内藤もいつも通り。シナリオ開始直後に見る内藤のCGは圧巻。
こいつも早駆けもってたのか。私の目は節穴だ。
早駆け、降伏率、引き抜き、被害時に相手の気をそぐ(いろんな意味で)
きっと山県さんの若さの秘訣を探っているはず。

春日は士気回復、部隊損失減少、臨時徴収、智謀低下。
意外と士気回復が役に立つ。しかしなぁ・・・。影が薄いのは性能のせいじゃないかと思う今日この頃。


毎度滅ぼされる運命にある今川家。ここのおっちゃんも優秀だ。

義元は降伏率、楽市楽座、突撃、士気回復。蹴鞠プレイヤー。ステータスは全般的に高め。安心して色々任せる事ができる。流石おっちゃん。
とりあえず義元、長慶、久秀が揃った姿は壮観。

氏真は・・・。これもまた成長させてない人。途中を見た感じ内政力が高いか。徳川ルートに最初からいる人。内政は任せた。個人的に春日以上に影が薄い人。義元とのCGがあったら面白かっただろうな。


そしてやってきた徳川家。

家康は初期状態はなんだかなな感じだが成長させれば化ける。え?何が成長してるって?うん?
士気上昇二種、降伏率、普請。
いつも通り胸が(ry
他家のイベントではあまり目立たない。
いい目の付け所だ。そうだよな、心臓は守らないとな。

忠勝は鬼。断言しよう。他に鬼がたくさんいるこのゲームだが忠勝こそ鬼の名に相応しい。
突撃、強襲、士気減少大二種
忠勝に兵50、鉄砲30ぐらいやっとけば運によっては一人で30000の隊を撃退できる。
連れに士気回復のある人がいると手がつけられない。しょっぱなから士気が高く、光秀スキル発動状態で4000の鉄砲を撃っても倒れない化け物。だいたいスキル発動なんて待ってられない。こちらの戦闘準備が整う前に士気が1になることもある。となれば短期決戦しか手がないが接近するまで士気が保持できるかというのも怪しい。同列の隊となればそれこそ。1ターン目からいきなり士気を80減らされることもしばしば。絶対に敵にしてはいけない相手。下手をすれば道雪さえ一撃で葬られる。もし30000の敵軍を相手にする際に忠勝が入っていたら退却したほうがいい。命は捨てるものではない。武田ルートで序盤に危険を冒してでも手に入れておきたい武将。

酒井忠次は士気上昇二種、引き抜き、弓兵弱体。
ステータスはまぁまぁ。よく見ると髪がいろんな形になってたり。
個人的にイベントはお勧め。なんかめっちゃ輝いてる。
目が開いたら本番。

直政は士気低下、同盟、包囲、突撃。なんというか・・・。忠勝が強すぎてどうにも目立たない。きっと一生忠勝には勝てない。

榊原は智謀低下、楽市楽座、包囲、別働隊補助。別働隊補助はなんか特殊だがタイミングが合わないとつかいづらい。しかし早駆けなどであわせれば大体の奴は沈むはず。あぁ、大体はな。
イベントも気さく?な兄さん。こんな友人がいれば幸せ。

一応だが天海。内通、行動順優先、臨時徴収、士気低下中。
もはや周知のことだが光秀である。鉄砲スキルはやっぱりないのな。
ステータスは内政向き。統率が相当低いので前線では辛い。

・・・よかったな。最終的に。



なげぇ

5日ぐらい覚悟したほうがいいかと本気で思ってる。

でも西側は少ないから大丈夫だよね。

ではまた
スポンサーサイト
2013.01.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zeroangel000.blog29.fc2.com/tb.php/274-3cf4e79f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。